ドリップコーヒーを美味しく淹れるコツ

コーヒーはよく豆から煎れると美味しいコーヒーが出来上がるといわれます。


確かに豆から煎れた方が香りもよく深みのあるコーヒーが仕上がるのでしょう。

しかし、コーヒー豆というのは挽いてない状態のものですし、何より豆そのものを買ってしまうと賞味期限が短くなってしまうので、早めに粉状のものにしなければいけません。
そういうこともあって、家庭ではよくドリップコーヒーを作るという方もいるのではないでしょうか。


ドリップコーヒーのいいところは自宅でも簡単に本格派のコーヒーが楽しめるというところにあります。
ちょっとした淹れ方のコツを押さえているだけで、喫茶店で飲むような美味しいコーヒーが飲めるのです。

そのコツは、ゆっくり「の」の字を書くようにお湯をフィルターに注ぐということです。

よくドラマなんかでぐるっとお湯をフィルターにかけているシーンが映し出されますが、それを真に受けて作ってしまっては美味しいコーヒーが仕上がりません。



豆を選んだ時点でどんな風味や深みを出すかは自分次第ということになってきます。

淹れ方が違うだけで安い豆でも、喫茶店のコーヒーのような深みと味わいが出るといわれているくらいです。


もし、ドリップコーヒーを作りたい方は、コーヒー豆を打っているお店で挽いてもらうよう注文すると、手早く挽いてくれます。

このサイトでBIGLOBEニュースの情報収集がもっと楽になります。

きっと、自分で挽くよりもお店で挽く方がきれいに仕上がるでしょう。

もしよかったら、このお湯の注ぎ方を試してみてください。