おいしいドリップコーヒーの淹れ方のコツを習得しよう

ドリップコーヒーは、手軽で簡単に作ることができるコーヒーとして人気で、家庭でも楽しんでいる人も多いことでしょう。


ドリップコーヒーを淹れる時、自己流で淹れている人もいるかもしれませんが、淹れ方のコツを知ることで、普段のコーヒーが専門店の味に近づき、自宅で飲む楽しみが膨らみます。

からきゅれ情報なら、こちらをご参考にしてください。

実は、ドリップコーヒーは、抽出時間の少しの変化で香りと味が変わるため、習得するのが難しい淹れ方です。

おいしく淹れるコツを交えながら、ドリップコーヒーの淹れ方をご紹介します。まずは、コーヒーの粉をペーパーフィルターに入れ、ドリッパーにセットします。
この時、粉が平らになるようドリッパーを軽く揺らします。

今年、最も指示を集めたドリップコーヒー情報サイトをお探しの方にはこちらをご覧ください。

そして、3~4cmくらい上の位置から、粉の真ん中に向けて500円玉の大きさ以内に収まるようにゆっくりお湯を注ぎます。

お湯の流れが細くまっすぐになるように注ぎます。

続いて、真ん中から外側に向かって渦巻き状にポットを動かして、ゆっくりとお湯を注ぎます。
粉の表面が膨らんだことが確認できたら、一旦ポットを置き、コーヒーの粉にお湯をしっかりと浸透させます。
この状態のまま20~30秒くらい置いて、蒸らします。


膨らんだ粉が落ち着いてきたら、先ほどと同じように、細く柔らかくお湯を注ぎ入れます。

フィルターの粉の表面が完全にくぼんでしまう前に、ペーパーフィルターを外して出来上がりです。
ポイントは、中心から外側にお湯を優しく、細く、ゆっくりと注ぎ入れることです。

また、ペーパーフィルターはコーヒーの香味に影響を与えるので、なるべくフィルターにはお湯をかけないようにしましょう。